スポンサーリンク

【FIFA22】最強トレンドフォーメーションは5バック!無・微課金でも堅守速攻で打ち勝つ!

スポンサーリンク

みなさんこんにちは。
サッカーを超えたサッカーゲームと名高いFIFA22。もーやりました?

えっまだやってない?
合う合わないはありますが、サッカー好きならやってみた方がいいですよ。

サッカーゲームは数あれど、本格的なサッカーを体験できるゲームは、FIFAシリーズだと思います。
もちろん、ゲームなので攻略法などもありますが、勝負に絶対はない。
重課金勢にも負けない戦いができます。

FIFA22 Ultimate Edition購入時ののFIFAポイントの付与分のみの微課金勢の私もなんとかやれてます。これまでも色々な記事をブログにしてきましたが、こちら↓から宜しくお願いします。

上記ブログにも書いてますが、初心者向けには、4-4-1-1のフォーメーションをおススメしてきましたが、3トップや、4トップじゃんってぐらいのフォーメーションを使ってくる人たちに対して、最近どうにも勝てないことが続きまして、フォーメーションをいじっていたのですが、これだなっていうものができたので、今回はそのあたりのことを。

スポンサーリンク

FIFA22 無・微課金勢必見!5バックがアツい!!

FIFA22 FUTのトレンドは5バックになるんじゃないか説

個人的には、5バックを取り入れてからというもの勝率が上がりました。
そして、レギュレーションが変更され参加しやすくなったとはいえ、FUTで最強の猛者たちが集まると言われる『チャンピオンズ・ファイナル』でも勝ち星を挙げることができました。
ちなみに、試合数も30試合から20試合に減少となり、プレイヤーへの負担が減りましたね。

なぜ5バックなのか?

サッカーを超えるサッカーゲームとはいえ、やっぱりゲームなだけに攻略法はあるし、スピードスターを前線に並べられると、ディフェンスの足の速さではちぎられるんですよね・・・
そして、サイドをズタズタにされて、グラウンダーのパスを、1タッチシュート。

萎える。萎えるんですよねあれ。でもそれも戦略。勝てば官軍負ければ賊軍ってことで勝たなきゃはじまらない。
相手が使いたい5レ-ンのスペースをしっかりと消しましょうってことで、5バックに行きついたわけです。

堅守速攻 5-2-2-1がおススメ

5バックでも様々なフォーメーションがありますが、今回は5-2-2-1をおすすめします。
前線は3トップ。攻撃時は、両WBを中盤から前線に。5トップぐらいのイメージ。
守備時は、ディフェンスラインを5枚並べてスペースをしっかりと消す。
カウンターは、3枚のセンターバッグで対応。
スペースの空きがちな中盤は、両ウイングとWBの連動でスペースを消し、取ったら一気に速攻でゴールを陥れる。

それができるのが、5-2-2-1だと思いますね。
並びはこんな感じ。

堅守速攻。サイド攻撃も中央もって人は、5-2-2-1

5-2-2-1 Formation - FIFA 22 - FIFPlay

スキル自慢。中央を崩し切りたい人は、5-2-1-2

FIFA22の中の5バックは、トップ下を置いた5-2-1-2。
同じ5バックでも中央をガッチリ行きたい人にはおススメかも。
トップ下に、スキルもあってアジリティもあるみたいな選手がいればトップ下で輝くかもしれません。
ただ、サイド攻撃がWB頼みになるので、WBの負担が大きいので、交代必須になると思います。

5-2-1-2 Formation - FIFA 22 - FIFPlay

中盤の構成力を高めたい人は、5-3-2

中盤を3枚にして、フラットに並べる5-3-2。
バランスはかなりいいフォーメーション。速攻も遅攻もできるよって方にはおススメです。
守備ができて、パスもそこそこの選手が3枚いればけっこう強いフォーメーションですよね。

5-3-2 Formation - FIFA 22 - FIFPlay

5-2-2-1 カスタム戦術

5-2-2-1 Formation - FIFA 22 - FIFPlay

カスタム戦術は、よりその人の目指すサッカーが色濃く反映されると思いますが、ここでは、自分はこうしているっていうのを載せてみます。

ディフェンス

  • 守備のスタイル 奪取時のみプレス
  • 幅 40
  • 深さ 70

オフェンス

  • ビルドアップ バランスor高速ビルドアップ
  • チャンスメイク ダイレクトパス
  • 幅 45
  • PAへの侵入 7/10
  • コーナーキック 3/5
  • フリーキック 1/5

選手への指示

  • ST 中央に留まる・裏に抜ける  
  • LWG・RWG 中へ切り込む・PA内でクロスに合わせる
  • CM1 攻撃時に上がらない・中央をカバー
  • CM1 攻撃参加・中央をカバー
  • WB 攻撃参加・オーバーラップ
  • CB デフォルト
  • GK スイーパーキーパー・積極的なクロスへの対応

こんな感じです。

守備時は、とにかく遅らせる。飛び込まない。
守備が安定しないとFUTでは勝ち切れないので、5バッグで相手サイド攻撃とバイタルエリアにしっかりフタをします。
カウンターに対しても、焦らず飛び込まない。裏抜けを防いで、とにかく遅らせること。

遅らせたところを、CMとWBで刈り取るイメージですね。
相手のサイドからの強パスには、迷わずCBで対応。
サイド攻撃は、カウンター時はCBで送らせて、WB、CMの戻りを待つ。ドリブル突破には安易に飛び込まないが鉄則です。

とはいえ、下がりすぎると強パス1本で、1対1の場面を作られるので、ディフェンスラインを高めに設定しつつ、オフサイドトラップを駆使しつつ、バイタルエリア周辺を守り切ります。

攻撃時は、サイドから速攻。
ウイングとウイングバックでサイドを崩しきれなければ、STにボールを当てて反転シュート、CMにあてて作り直しか、STへの強縦パスをドンで、相手のディフェンスが対応してくる前にシュートを狙う。

※スキルムーブとかが使えればいいですが、あんまり得意じゃないので、できるだけシンプルに早くゴールに向かうことを意識しています。

4-4-1-1でスタートして、相手のフォーメーション、メンバーを見て、トップの枚数が多かったり、サイドにスピードスターを擁しているチームだったりすると、試合中に5-2-2-1に変更します。
それでも、個人技で突破されることもありますが、失点数は確実に抑えられると思います。

ディフェンスラインは高すぎると裏抜けされやすくなるので、しっかりとカバーして下さい。
もちろん、無・微課金でも思い通りのいい選手が集まってきたら、5バックでなくても守り切れるし、なんなら攻め勝てるかもしれません。
課金はしたいけど、1年間限定のFUTにそんなにお金はかけたくないけど、勝ちたいっていうそんな人におススメのフォーメーションです。

※SBCを駆使することである程度いい選手は集まりますが、結局高レートの選手が必要になるから、重課金族にアドバンテージとはならないんですよね・・・

さいごに

今回は、無・微課金勢でもFUTで重課金勢、スター軍団に勝てるFIFA22の新トレンド?5バックについてでした。
ディビジョン上がって勝てなくなった人、FUTチャンピオンズでスター軍団にチンチンにされてFIFA22が嫌になった人、是非とも5-2-2-1のフォーメーションを試してみて下さい。
5バックは守備的に非ず。そろそろFIFA22にも、5バックのトレンドが来る予感がしますね。
無・微課金勢の皆さま。一緒にFIFA22を楽しみましょう!!

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました