スポンサーリンク

【愛車が禿げました】車の塗装が剥がれてしまったら?自分でやったらどうなる?やめとけ!!

スポンサーリンク

みなさんこんにちは。
連日の雨で車がえらいことになってしまいました。

C26セレナの塗装剥がれの件です。度々、申し訳ございません。新車で購- バイク車検・修理・メンテナンス | 教えて!goo


愛車のボディーを、いつまでもをきれいに保ちたいけれどいつかは訪れる、塗装劣化。
高いし、自分で治したいよねってことで、失敗例を共有します。

失敗を踏まえ、劣化してはがれてしまった塗装を、復活させる方法を調べ上げたので今回は、そのあたりのことを紹介します。

スポンサーリンク

愛車が剥げたよ・・・塗装を塗るのはよそう。

結論

調べた方法なんでやり方は間違いないですが、結論はやめとけです。
素人はやんないほうがいい。でも、それでもいいならやってみよう。
自分でやったんだから納得もいくってもんです。

新聞紙貼ってスプレーしたのに、若干窓につくっていう失態・・・

タッチペンでの修理では追いつきませんでした。

スプレーを振りかけた。

垂れた。修理、スプレーは慎重に・・・

風の強い日はやんないほうがいい。

この失敗例を共有した上で、正しいやり方をどうぞ。

車の塗装はどうして剥がれる?

まず、そもそもなんで車の塗装がはがれんだってことで。

洗車の時なんかに気づいたら最悪。
どんなに気をつけても起こってしまうのが塗装剥がれ。

なんでや?

キズによるダメージ

まず、塗装剥がれで一番多い原因がキズによるボディーダメージです。

目立たない小キズの様なものでも十分塗装剥がれの原因になります。
飛び石キズ、いわゆるチッピングキズなどは中々気付きづらく、気づかずほったらかしてしまっていると塗装が剥がれている要因になるんですって。
我が家の原因は完全にこいつです。

紫外線によるダメージ

次に多いのは、紫外線です。
屋根付きのガレージがある人なんてそうそういないっすよね。
そんなガレージ持ってる人は、自分で塗装はがれなんて治さないはず・・・

青空駐車場に愛車を止めている我々は、紫外線からの攻撃から逃れられません。
これにより蓄積されたダメージはやがて塗装のクリア層を剥がしていきます。
その様はまるで脱皮。

汚れによるダメージ

車も人間同様ボディーメンテナンスが必要。
汚れも放置してはいけません。塗装へのダメージも与えています。

夜の高速終わりの虫や、鳥のフン、どっからくるんだっていう植物なども塗装にダメージが・・・
夜の高速終わりは、洗車はマスト!!

日々のメンテナンスが大事。

水滴によるダメージ

洗車をした後、きちんと拭きあげをしていますか?
自然に乾くからといって、放置していませんか?

はい。夏は放置しています。

水滴を拭かずに放置していると、水滴がレンズの役割を果たし、塗装を焼いてしまうんですって。

ータル的にみると、塗装はがれ無理なんじゃねってことですよね。

車の塗装を修復するには?

車の塗装は禿げます。もうそれは仕方ありません。
車の塗装が剥がれてしまったら、我が家のような失敗をしたくなければ、こちらを参考にして下さい。

丁寧に、慎重にやれば間違いないです。

タッチアップペンによる修復

一番いいのはタッチペン。間違いない。文字通りペンかハケで塗料を塗っていきます。
ただ、広範囲の剥がれにはちょっと。小さい剥がれにはオススメ。

頭皮でも同じです。ズルむけになってからは、ズラを被るしかない。
頭皮隠しでやっても間に合いませんよね。

オススメはこちら

違う禿げはこちらで。

スプレーによる修復

タッチアップペンよりも、より広範囲での修復が可能になる方法がスプレー。
愛車のカラーに合ったスプレーを購入し、修復したい箇所に吹き付けるだけです。

実際は下処理が必要ですし、作業場所にも気を使わなければなりません。
風が強い日はやばい。我が家みたいになります。
薄くやんないと垂れます。スプレーの裏側にちゃんと書いてるんでちゃんと言うことを聞きましょう。

業者とDIYではどちらが安い?

自分で塗装を修復する方法を紹介しましたが、素人がいきなり塗装修復を試みても、綺麗に仕上がることは稀でしょう。失敗例を見てくれましたよね?

どんなに器用な方が挑戦したとしても、プロとは道具に差があるでしょうし、プロはプロ。
仕上がりの差はあるでしょう。

タッチアップ修復

タッチアップペン自体の価格は、大体500円程度です。小修復で構わない、もしくはクオリティには全く気にしないというのであれば、これ以上の料金は発生しません。

クオリティをある程度きにするのであれば、タッチアップペンのほかに、脱脂剤、紙やすり、コンパウンド、マスキングテープが必要となります。

これらを全て揃えても、だいたい2000円くらいです。これだけの資材があれば、器用な方ならぱっと見で修復を気づかれない程度には出来るはずです。
器用な方はです!!

スプレー修復

タッチアップペンよりも、広範囲の修復が可能になるこの方法です。

スプレー単体の値段は、だいたい1000円程です。
こちらもクオリティを気にしなければ、これ以上の料金はかかりません。

綺麗に仕上げたい場合用意するものは、脱脂剤、紙やすり、コンパウンド、マスキングテープのほかに、プラサフ(下地)、本塗り塗料、上塗り(クリア)が必要になります。

全て揃えて4、5000円もあれば充分です。あとは、本人のスキル次第というところになります。

ただ、やはりどれだけ器用でも、道具の差は埋められません。スプレーから噴霧される塗料と、プロが使うエアブラシ(スプレーガン)から噴霧される塗料とでは、粒子の細かさが全然違います。

そういったところでも、仕上がりに大きな差が生じてしまいます。

プロによる修復

バンパー

車の前方部にあり面積も広いために最も損傷を受けやすい部位といわれているのがバンパーです。

この部位を板金塗装に出した場合の相場は15,000円、リアバンパーの場合は18,000円ぐらい。

またこの費用もバンパーを装着したまま一部を板金塗装するのか、バンパーを取り外して作業をするかによって費用は変化するみたいです。

フェンダー

フェンダーは、バンパーとドアを繋ぐジョイント的な役割をする部位であり、バンパーに次いでダメージを受けやすい箇所です。

バンパーにはフロントフェンダー・リアフェンダーと2種類あります。
前者だと板金塗装の費用は30,000円、後者だと40,000円が相場です。

同じフェンダーでも費用に差があるのは、リアフェンダーのほうがクォーターガラスの脱着など作業工程が多くなりやすいからです。

ドア

狭い場所で走行した場合、開閉時に損傷しやすいのがドアです。
ドアの板金塗装費用は35,000円が相場といわれています。

ルーフ

バンパーなどと違い損傷する機会が少ないのがルーフ部分です。
前述しているように紫外線を多く浴びる・落下物や雹などで損傷する機会があります。

ルーフは面積が大きいので費用もそれに比例して高額で、板金塗装の費用は52,000円が相場

高額の理由は、作業がしづらいことに加えて、部位の脱着など作業工程が複雑だからです。
だもんで普段からコーティング施工などでルーフを保護することが大事といえます。

プロかプロ以外か?

どうでしょうか?高いと見るか、案外安いと見るかは皆さん次第だと思います。
結局は、プロかプロ以外か?ですね。

ただ、クオリティは自分で修復するものと比べると、全然違いますよね。
市販の塗料だと、全く同じカラーは無理ですよね。修復した箇所だけ目立つよね。

板金屋さんに頼むと、現車合わせで調色してくれるので、色味がドンピシャに合います。この色味合わせが難しく、プロにしか出せないものになるんですね。

まとめ

さてさて、いかがでしょうか?塗装が剥がれてしまったら、お金も手間もかかりますし、テンションもダダ下がりですよね。
常日頃からのこまめなメンテナンスが、塗装をいつまでも綺麗に保つ一番の方法ということがわかったと思います。
そして、自分でやるってことは、常に失敗と隣り合わせ。次の成功のための失敗ととらえ前向きにやることの大切さを伝えられてたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました