スポンサーリンク

【メッシ退団】リオネル・メッシがバルセロナからの退団が決定!!

スポンサーリンク

みなさんこんにちは。
コパ・アメリカを制して、新シーズンをバルセロナで迎えると思われていたリオネル・メッシが経済的な理由でバルセロナを退団することが決まりましたね。
これはエライ事件ですねってことで、今回はそのあたりのことを。

スポンサーリンク

リオネル・メッシ バルセロナ退団

サッカーのスペイン1部リーグのバルセロナは5日、エースのFWリオネル・メッシ(34)が退団すると発表!!
6月末に従来の契約が満了し、クラブによると新たな契約を結ぶことで双方が合意したが、リーグ規約と経済的な理由により正式締結できなかった。

昨シーズンも退団の噂があった中で、メッシが給与カットを受け入れ、5年契約で合意なんて報道もあっただけにビックリ!!

メッシとバルセロナ

メッシはなぜバルセロナを退団したのか? 両者が越えられなかった壁とは… | フットボールチャンネル
Getty Images

もはや説明不要ですが・・・

メッシは13歳で下部組織に入団してからクラブ一筋でプレー。
17歳でトップチームデビューして以降、10度のラ・リーガ、7度のコパ・デル・レイ、4度のUEFAチャンピオンズリーグを含むバルセロナ歴代最多35回の優勝に貢献。自身も歴代最多6回のバロンドールを受賞し、6回のチャンピオンズリーグ得点王と歴代最多6回のゴールデンシュー(欧州得点王)を獲得している。
同クラブの歴代通算最多得点(672ゴール)の記録を保持しており、ラ・リーガ(474ゴール)、クラシコ(26ゴール)の歴代最多ゴール記録ならびにチャンピオンズリーグ歴代最多ハットトリック記録(8)、ラ・リーガ、コパ・アメリカの歴代最多アシスト記録を保持している。また、多くのサッカー関係者や選手にサッカー史上最高の選手と呼ばれている。

昨夏に退団を希望して去就が注目されたが、シーズン開幕前にバルセロナに残ることを決意し、バルセロナでプレーしたスーパースター。

FM247 HD2 chより

リオネル・メッシ退団の経緯

原因としては、大きく3つ。

・バルサがどんぶり勘定すぎる。収入と支出(選手の年俸が合わない。※ずさんな経営
・メッシの給与が高すぎる。(バルサも悪い。)
・リーガの規約に違反している。

メッシの年俸高い問題

先日バルセロナとの契約内容がメディアにリークされてしまったリオネル・メッシ。その内容は4シーズンで合計5億5500万ユーロ(およそ703.5億円)という巨額の給与が支払われているというもの。
これが、バルセロナの財政状況をひっ迫させているっていう声も。

とはいえ、メッシの給与がメッシ本人が勝手に決められるわけもなく、交渉して提示された給与をメッシが受け取ってるんだから、メッシの問題というよりもバルセロナのどんぶり勘定が生んだ問題ですよね。メッシだって税金払わなきゃいけないし。

サラリーキャップ制度 リーガの規約

そもそもサラリーキャップ制度って?

サラリーキャップ(Salary cap)とは、各プロスポーツチームが所属する選手に支払う年俸総額を毎年リーグ全体の収入に基づいて上限金額を調整し、規定する制度である。

サラリーキャップの効果として、各チームの経営の健全化ということ以外に、一部の豊富な財力をもつチームが金を使い選手を集めることを防ぎ、リーグの戦力を均衡化させるということがある。
欧州サッカーではクラブごとでサラリーキャップを設けているケースがある。

リーガの規約

今回の退団の決定的な原因としては、リーガに設定されている給与制限ルールだと発表されている
前述しているサラリーキャップ制度を、リーガは採用している。

2013年にリーガの会長となったハビエル・テバス氏が導入したもので、クラブの過剰な支出を規制するもの。破産されたら困るしバランスが大事ってこと!!

給与制限の対象となるのは、トップチームの選手や監督、スタッフの給与だけでなく、リザーブやアカデミーの報酬や社会保障などの人件費。また代理人の手数料や移籍金なども含まれる。
各クラブの予算に基づいて限度額が決められており、過剰に経費をかけることを抑制するとともに、より拮抗したリーグにすることが狙いとなっている。

『AS』によれば、バルセロナの限度額はこのような経緯をたどって変化したという。
メッシが上記の契約をした、2017年は限度額も高かった。

・2018-19:6億3290万ユーロ(およそ820億円)
・2019-20:6億7100万ユーロ(およそ869.3億円)

ただし、新型コロナウイルスの影響で、バルサの収入が激減。
バルサへのサラリーキャップの限度額も大幅減額されました。

・2020-21:3億4700万ユーロ(およそ449.6億円)
・2021-22:1億6000万ユーロ(およそ207.3億円)

10億ユーロ(およそ1295.6億円)以上の負債を抱えているバルセロナは、この新型コロナウイルスのパンデミックで極めて大きなダメージを受けており、人件費が収入を超える状況となっている。

メッシを残すためには、何人ものスター選手を放出しなきゃだめだったんですが、どのクラブも厳しい状況だし、そううまくことは進まずバルサが万歳しちゃいましたとさ。

さいごに

バルサファンにとっては悲劇ですが、最近のバルサの膿が最悪のカタチででちゃいましたね。
今回の退団によって、メッシがどのチームでプレーするのか?アメリカ?プレミア?フランス?
どこに行こうとメッシはメッシ。とんでもないニュースになるのは間違いない。
どうなるのか予想もつきませんが、サッカー界を揺るがすニュースでした!!

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました