スポンサーリンク

【サッカー日本代表】森保JAPAN同士の歴史的対戦は?五輪赤信号!!金メダルは無理。

スポンサーリンク

みなさんこんにちは。
雨が降っているので、傘を置き忘れなく。

さて今回は、6月3日に行われた歴史的一戦について。
ユニフォームと解説の小野と、福田のA代表のイントネーションが気になりましたね。
見どころはそのぐらい。
オーバーエイジが入って、どれくらい変化があるかはわかりませんが、このままでは、五輪代表の目標の金メダルは無理だなって話です。

森保監督が「若い選手たちは短期間で一気に変わる。今日でかなり刺激を受けたと思うので、今回の活動期間で変わった、というところを横内さんやスタッフに見せてほしい」とコメントしていましたが、希望的観測ですが、そうなって欲しいと強く願います。

スポンサーリンク

A代表とU-24代表の下克上対決

dolamy1chより

試合結果

3-0でA代表が勝利した。U-24代表は準備不足とはいえ試合を通していいとこなし。
開始2分でセットプレーから先制され、苦し紛れのクリアミスを拾われ、あっさりと鎌田にゴールを許し、後半早々には、サイドを突破されカウンターから浅野がゴール。

守備はチグハグ、簡単なパスミスも多く、約2か月を切った東京五輪本大会に向けて、こんな状態で大丈夫なのかと不安だけが残る内容でした。
A代表も、そんなチーム相手に後半はお付き合い?真剣勝負を強調していましたが、フォーメーション含め色々試してますって感じで、練習試合感は否めませんでしたね。

U-24日本代表

以前ブログにも書いたんですけど、U-24日本代表から、A代表のメンバーがどんどん出てくることが、日本代表の強化にも繋がると思うんですけど、この試合で目を見張る活躍をした選手がいなかったですよね。戦う姿勢、チャレンジする姿勢が見えたのって、鳥栖の林ぐらい。
交代で入った選手も、先発で出ていた選手も、メンバーに選ばれるんだ、本大会には俺が出るんだという気概を見せてくれる選手もいなかったかな。

田中碧もミスが目立ったけど、周りの動きだし、連携、連動が出来上がってない印象でしたね。
U-24の方はチーム戦っていうよりは、アピール合戦って感じでしたかね。
この時期ですから、アピールしたいのはわかりますけど、ちょっといい風にはなりませんでした。

強化、選考のためにオーバーエイジを使わなかったのは100歩譲って理解できたとしても、だったらA代表の方で出してガチンコで戦わせればよかった。
本大会まで、2ヵ月を切っているこの時期は、18人のうちの大枠はすでに決まってべきだし、金メダルを目標にっていうなら、チームとしての成熟度を上げるべき。
それをポジション試したり、配置を変えたりしている。レギュラーも誰かよくわからない。
三笘もでないし、前田が左サイド。まだその段階なのかと・・・

本大会が終わった時に、この試合がターニングポイントだったと思えるぐらいに見直して欲しい。
おそらく5日のガーナ戦では、遠藤だけでなく、吉田、酒井のオーバーエイジを使い、本大会を想定したメンバー構成で挑むのだろうけど、どんな戦いが見れるのか。
ジャマイカ戦は期待したいですね。

JFATV

さいごに

今回分かったのは、U-24代表の仕上がりが明らかに遅れていること。
五輪本大会まで残りわずか。今回の試合をいい意味でターニングポイントとすべく、オーバーエイジの3人のリーダーシップに期待したいですね。
特に吉田、遠藤航はリーダーシップのある選手だと思うので、チームのベクトルを合わせて、5日のガーナ戦で結果を出して欲しい。

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました