スポンサーリンク

【サッカー日本代表】日本人の海外移籍と代表選考の疑問。

スポンサーリンク

みなさんこんにちわ。
時差出勤を切望する親バカMr.ブラックです。いや、てゆうか休みたい。
さて今回は、海外移籍していった日本人選手へのエールと代表選考の疑問について。

スポンサーリンク

海外日本人選手 (全選手記載ではないので、あしからず。)

主要リーグの選手中心に紹介

イングランド プレミアリーグ

南野 拓実(サウサンプトン)

スペイン プリメーラ・ディビシオン

岡崎 慎二(ウエスカ)
久保 建英(ヘタフェ)
乾 貴士(エイバル)
武藤 嘉紀

イタリア セリエA

吉田 麻也(サンプドリア)
冨安 健洋(ボローニャ)

ドイツ ブンデスリーガ

長谷部 誠(フランクフルト)
鎌田 大地(フランクフルト)
遠藤 渓太(ウニオン・ベルリン)
奥川 雅也(ビーレフェルト)
堂安 律(ビーレフェルト)
遠藤 航(シュツットガルト)
大迫 勇也(ブレーメン)

フランス リーグアン

酒井 宏樹(マルセイユ)
長友 佑都
植田 直通(ニーム)
川島 栄嗣(ストラスブール)

ポルトガル プリメイラ・リーガ

安西 幸輝(ポルティモネンセSC)
中村 航補
守田 英正(サンタクララ)
食野 亮太郎(リオ・アヴェ)
藤本 寛也(ジル・ヴィセンテ)
小久保 玲央ブライアン(ベンフィカ)

オランダ エールディヴィジ

板倉 滉(FCフローニンゲン)
菅原 由勢(AZ)
中山 雄太(ズウォレ)
ファンウェルメスケルケン 際

ベルギー ファーストディビジョンA

伊東 純也(RCゲンク)
三好 好児(アントワープ)
森岡 亮太(シャルレロワ)
鈴木 武蔵(ベールスホット)
伊藤 達哉(シント・トロイデン)
松原 后
橋岡 大樹
シュミット・ダニエル
鈴木 優磨

その他)(2部含む)

原口 元気(ハノーバー)
室屋 成
宮市 亮(ザンクトパウリ)
柴崎 岳(レがネス)
斉藤 光穀(ロンメル)
安部 裕葵(バルセロナB)

香川真司(ギリシャ)、浅野拓磨(セルビア)、橋本拳人(ロシア)、松井大輔、本田圭佑、中島翔哉、北川航也、中村敬斗(オーストリア)、若月大和(スイス)などなど日本代表や、代表歴のある人ない人含めて改めて列挙すると、めちゃくちゃ日本人選手が海外でプレーしてるんですね。しかもこれでも書ききれてないってどゆこと?

海外日本人選手って活躍してるのか?

今海外日本人選手で活躍している(継続して)選手って誰がいますかね?
シュツットガルトの遠藤航と、セリエAのボローニャの冨安は断トツですよね?吉田麻也も安定して先発しているし、フランクフルトの、長谷部と鎌田大地、ベルギーの伊東純也あたりは活躍しているかな。パルチザンの浅野拓磨も今季は、爆発してますね!!
あと、意外と報道されてないけど、鈴木優磨(シント・トロイデン)はコンスタントに点を取ってますよね。ホームシックみたいな報道が出てたけど、今やどこ吹く風ですね。

もちろん、酒井宏樹や堂安律、板倉、安西とか、その他の選手もコンスタントに試合には出ているので、それはそれですごいレベルがあがってるんだと思うんですけど、なんか微妙・・・
若手選手ならそれでいい気もするんですが、代表選手達は、試合に出るっていうか、活躍するっていうようにならないと厳しいんじゃないかなと思ってしまいます。

若い選手の海外移籍も多くなってきているのは、基本的にはいいことだと思います。
チャレンジすることはいいことだと思うし。
ただ、上手くいくこともあれば、そうじゃないこともあると思うので、その時の選択肢は考えといた方がいいと思いますね。

日本代表の選考についての謎

2部でも日本代表に選ばれるってどうなんですか?

日本代表でもキャプテン、中心選手として活躍している柴崎岳は、スペインの2部。
代表常連の原口もそう。室屋もFC東京からドイツ2部のハノーバーへ移籍している。

果たしていかがなものだろうか。海外といっても2部。主要リーグのある国と言っても2部。
実力は、他の国よりも上な選手もいるだろうけど、そんな選手は引き抜かれるはずだ。
海外でプレーする日本人が増えることはいいことだろうけど、そんな時代は終わった。
先人たちの努力と、功績、コンテンツ増により海外移籍はしやすくなったのだろう。素人でもわかる。
高校生にまで、海外の目は向いているのだから。

日本代表を強化していくためには、やっぱり継続して所属しているチームで、結果を出している選手を呼ぶというのはマストなんじゃないですかね?
もちろん、監督の嗜好、哲学にあった選手が選ばれるものですが、それでも実力があってのことですよね。実力を示すために、結果を出すために、海を渡って厳しい環境に飛び込んでいったんだろうし。
海外だろうが活躍してなければ選ばれない、選ばないってことが当たり前にならないと、今後もこの流れは続くだろうし、海外の日本人選手が増えても日本代表は弱いってなったままですよ・・・

そして、Jリーグ、日本サッカーも盛り上がらない。

日本に帰ってくるのは負け組なのか?

ベテランが海外に執着する理由って?

香川真司が、雑誌の取材にこう答えている。
「日本に帰る気はなかった。Jリーグのレベルを下に見ているのではなく、欧州に来た時の志を曲げたくないから」。成長を考えた時、欧州以上の地はない。

本田圭佑も、オランダのフィテッセに移籍したときに、「(Jリーグ復帰の選択肢は?)ないです、残念ながら。日本でプレーしていなくても、今は海外でも僕のプレーを見られるじゃないですか。日本に固執する必要はないのかなと思っています」と語ったそうだ。

Jリーグのレベルが下だと見てはないけど、成長は望めない。
世界のサッカーと日本のサッカーが違うか、やっぱりレベルが下に見えてしまうかどっちかなんだろう。というかどっちもなんだろうな。

乾とか、長友とか、川島あたりも同じようなことなのかな?ベテランになっても常に上を目指し、成長したいって思うのは素晴らしいことだし、もちろん、人間だから色々な考え、状況があって選択をしていくわけだけど、ファンの勝手な考えを言うと彼らの活躍しているところをみたいっすよね。

穿った見方をしてしまうけど、前述しているように日本代表の選考が海外組偏重になっているのも、彼らが海外に残っている理由なんじゃないかな?

さいごに 野球とサッカー

日本のプロ野球もメジャー挑戦する選手が増えていますが、基本日本で活躍してないといけないし、権利を得るまでも時間がかかる。そういった意味では、サッカーの方がグローバルなんだろうけど、日本の野球はけっこう結果出す。(メジャーが本気じゃないとかあるけど)
サッカーの場合は、逆とまでは言わないけど、やっぱり代表は強くない。特に最近は面白くもない。

勝負に勝つためには色々な要素が絡んでくるから、結果を出しているだけで選考はできない側面もあるけど、やっぱり結果を出してナンボの世界だと思います。
海外だろうが、日本のJリーグだろうが、継続して結果を出している人を積極的に起用して、勝負にも勝つ。そんな監督、サッカーを見てみたい。

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました