スポンサーリンク

【御朱印】神社探訪:埼玉縣護國神社

スポンサーリンク

みなさんこんにちわ。
連日8時間睡眠を取っている親バカMr.ブラックです。子どもの相手をするのは、アラフォーにはなかなか骨の折れる作業です。主婦、主夫の方々尊敬。共に頑張りましょう〜!

スポンサーリンク

護国神社

護国神社

国家のために殉難した人の霊(英霊)を祀るための神社です。戦争とかで戦死された方とか自衛官、警察官など公務殉職者を祭っている神社ですね。指定護国神社は東京都と神奈川県を除く、全国に建立されています。

指定護国神社

指定護国神社は1府県1社を原則として指定されたが、崇敬地域の広い北海道は3社、岐阜県・兵庫県・島根県・広島県は2社が指定された。これは、県内に複数の陸軍聯隊区が存在して各々の地元意識が強く、県内1箇所に調整できなかったみたいです。そらそーですよね。

北海道護國神社 北海道旭川市字近文
札幌護國神社 北海道札幌市南十三條南十四條西四丁目
函館護國神社 北海道函館市汐見町
京都靈山護國神社 京都府京都市東山區淸閑寺靈山町
兵庫縣姫路護國神社 兵庫縣姫路市本町
埼玉縣護國神社 埼玉縣北足立郡大宮町
栃木縣護國神社 栃木縣宇都宮市相生町
三重縣護國神社 三重縣津市大字下部田
愛知縣護國神社 愛知縣名古屋市西區南外堀町六丁目
靜岡縣護國神社 靜岡縣靜岡市北番町
滋賀縣護國神社 滋賀縣彦根市尾末町
濃飛護國神社 岐阜縣大垣市郭町
長野縣護國神社 長野縣松本市大字桐
宮城縣護國神社 宮城縣仙臺市字川内壱番
福島縣護國神社 福島縣福島市駒山
岩手護國神社 岩手縣盛岡市志家
靑森縣護國神社 靑森縣弘前市大字下白銀町
山形縣護國神社 山形縣山形市宮町
秋田縣護國神社 秋田縣秋田市上中城町
石川護國神社 石川縣金澤市出羽町一番丁
富山縣護國神社 富山縣富山市安野屋町
鳥取縣護國神社 鳥取縣鳥取市上町
松江護國神社 島根縣松江市殿町
濱田護國神社 島根縣那賀郡濱田町
岡山縣護國神社 岡山縣岡山市門田
廣島護國神社 廣島縣廣島市基町
福山護國神社 廣島縣福山市三之丸町
和歌山縣護國神社 和歌山縣和歌山市一番丁
德島縣護國神社 德島縣德島市德島町
愛媛縣護國神社 愛媛縣松山市新立町一丁目
高知縣護國神社 高知縣長岡郡五臺山村
大分縣護國神社 大分縣大分郡東大分村
佐賀縣護國神社 佐賀縣佐賀市松原町
鹿兒島縣護國神社 鹿兒島縣鹿兒島市山下町

埼玉縣護國神社

埼玉県さいたま市大宮区高鼻町に鎮座する神社。
旧社格は持たないが、内務大臣が指定した府県社に相当する旧指定護国神社。
『埼玉縣護國神社』が正式表記のようですが、新字体の『埼玉県護国神社』も併用して使われています。『大宮公園』の一画に一之鳥居があり隣接するように鎮座しているのが特徴です。
大宮公園と神社の間には、車の走る道路がありますので、子どもの飛び出しは注意です!!

武蔵一宮氷川神社のすぐ近く、大宮公園にあります。
鳥羽・伏見の戦い以後の国事に殉じた埼玉県関係の戦没者51180柱を祀っています。

社殿の右手には特攻花や埼玉県特攻勇士之像があります。
特攻花は、その隣に平成十二年(2000)に特攻隊の出撃基地となった知覧から移植された特攻花になります。鹿児島の知覧といったら『特攻の母』鳥濱トメさん。

特攻隊の出撃が始まった3月下旬頃から発芽し始め、出撃が続いた6月頃まで咲き誇る事からそう呼ばれていますね。特攻隊は、壮絶すぎて若輩者が語れません。

その他、出征兵士の像や、艦砲弾など戦争を思い起させる像など、これぞ護国神社という建造物が多数あります。いい歴史ばかりではないでしょうが、知っておくべきことかとは思いました。
なんとも言えない雰囲気と、襟を正して生きていかなきゃと思わされる不思議な感覚でした。

御朱印

御朱印帳を忘れていたので、書き置きにしましたが、宮司さんに言えば実際に書いてくれる雰囲気はありました。シンプルかつ桜のマークもキレイで、とてもいい御朱印だと思いました。

余談ですが、宮司さんがいい人で、子どもたちにお菓子をくれました。

アクセス

〒330-0803 埼玉県さいたま市大宮区高鼻町3丁目149

大宮公園内にあります。大宮公園内の舟遊池の近くにあります。氷川神社からは若干歩きますので、あしからず。まーでも、散歩がてら歩いてみるのがいいと思います。気持ちいいです。

Google Maps
Find local businesses, view maps and get driving directions in Google Maps.

さいごに

大宮公園内にある護国神社の御朱印を頂きました。大宮公園には何度か来たことがありましたが、護国神社には気づいていませんでした。
今回初来社でしたが、境内も綺麗に清掃されていて関係者の方の戦没者の方々への尊敬の念が伝わる境内でした。戦争自体はないに越したことはないですし、複雑な状況が絡み合っているので、賛否両論あると思いますが、事実としてあった、戦っていった方々に感謝の気持ちを持てた一日でした。

おしまい




コメント

タイトルとURLをコピーしました