スポンサーリンク

【ロングスロー】今話題のロングスローについて

スポンサーリンク

みなさんこんにちわ。
今日は、今話題のロングスローについて。
高校サッカーで青森山田高校が、セットプレー(ロングスロー)から得点をしたことで賛否両論が巻き起こっているとのことでロングスローについて。

スポンサーリンク

ロングスロー

スローインって

スローインは、スポーツにおいてボールを手で投げてゲームを再開するルール。
スローインは、ボールが完全にサイドラインを越えたときに、ボールがラインを越えた位置から、ボールを出してしまった選手の相手のチームの選手によってボールを両手で投げることによってプレーを再開するものである。

スローインのうち、約30メートル以上先を狙うものをロングスロー と呼ぶ。
前方転身の勢いを利用してスローインを行うものをハンドスプリングスロー と呼ぶ。
2012年2月24日に日本で開催されたキリンチャレンジカップ日本対アイスランド戦でアイスランド代表のステインソール・フレイル・ソルステインソンがこのスローインを行って話題となった。
しかも、1回だけならまだしも、なんと7回もやって観客の心を鷲掴み。
高校サッカーでも市立船橋がやってましたよね。衝撃的でした!!

ハンドスプリングスロー

ちなみにこのハンドスプリングスローは、今から四半世紀近く前に筑波大学で発明されたそうです。
当時の名称は『回転スローイン』だった。しかも、ハンドスプリングスローの開発は、後にサンフレッチェ広島の監督や日本サッカー協会技術委員長を歴任した小野剛さんが関わっていたそうです。
さすが技術委員長ですね。

前述した市船の件では、第67回全国高校サッカー選手権決勝の清水商業vs市立船橋で観ました。
助走を長く取って勢いよく走り、体操選手のような前方回転をしながらスローインをするので、市船の選手は足腰を相当鍛えたという話を聞いたことがあります。
陸上競技場が多い日本ならではのプレーなんですね。

ただ、このハンドスプリングスローは、審判によってはファウルスローを取られてしまいます。
やる場合は気をつけないと。

『人間発射台』ロリーデラップ

ロングスローと言ったら、アイルランドのロリー・デラップ。
イングランド・サットン・コールドフィールド出身の元アイルランド代表サッカー選手、現役時代のポジションはミッドフィルダーで、『人間発射台』と呼ばれる。彼の最大の武器が『ロングスロー』。
イングランドの、サウサンプトンで活躍していた。
デラップのスローインの飛距離、速度ともフリーキック並みである為、特にサイドライン間が狭いストーク・シティのブリタニア・スタジアムではゴール前のニアサイドはおろかファーサイドにも低く鋭い弾道の高速スローインを投げ込むことが可能。その飛距離は40メートルと言われているから驚き。

ちなみにやり投げの学生チャンピオンになった経験を持つらしい。
これはもう戦術はデラップというレベルです。すごい武器。

高校サッカーでも進化するロングスロー

前述したように、ロングスローは昔からある武器、戦術ですが、最近話題になっているようです。
第99回全国高校サッカー選手権大会の準々決勝4試合が行われ、矢板中央、青森山田、山梨学院、帝京長岡の4校が勝利し、ベスト4進出を決めたましたが、多用されるロングスローが話題。

準決勝に残っている青森山田や山梨学院、矢板中央などがロングスローから得点するシーンが目立っている。3日に行われた3回戦で青森山田はDF内田陽介のロングスローから3得点を奪い勝利。
5日にも行われた準決勝でも同校は内田のロングスローから得点。
SNSなどでは『ロングスローばかりで面白くない。正直、ロングスローは嫌い』といった声もあがっているらしい。

気持ちはわかるし、やられたチームもあんなの汚いよって思っちゃう気持ちもわかります。
でも、あれは戦術ですね。悔しければ対策するしかないし、悔しければやるしかない。
デラップや、内田選手のロングスローをみれば誰もができるもんじゃないってことは容易にわかる。
たゆまぬ努力とトレーニングをやったものが勝ち得る武器なんですよね。

ロングスローのメリット

もはやロングスローは単なる飛び道具とは言えない。フリーキック以上の武器、精度だろう。
飛距離ばかりが注目されがちなロングスローだが、実は複数のメリットがある。

直接、ゴール前にボールを運べる。しかも手で投げるから足より精度が高い。
両手でボールを扱うため、ミスが少ない。
高い位置からボールが動き出すため、守備側が落下点を予測しにくい。
オフサイドがない(スローインでは、オフサイドが適用されない)。
スロワーごとの特徴の違いを守備側は把握しにくい。

ロングスローの利点を挙げたが、最大の利点は、本格的に対策を練っているチームがほとんどないことにあるのではないかな。そんなに誰もができないしやるチームも多くないしね。

さいごに

強すぎるチーム、偏った戦術、様々な意見が多くあるが、ロングスローは武器なのは間違いない。
しかも、世界でも通用する武器。ロングスローだけ投げれるだけではもちろん選手としての価値は高くないだろうが。
勝利を掴むために、色々な戦術、武器を磨き、勝利に向かう。勝利に拘るのは素敵なことだ。
何事も否定する前に、理解するように努力する、勉強する。相手のことをおもんばかる姿勢があればいいですね。
高校サッカー準決勝を楽しみにしておきましょう。無観客でもがんばれ。

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました