スポンサーリンク

【Jリーグ】トライアウト2020開催

スポンサーリンク

みなさんこんにちわ。
朝の寒さに連戦連敗の親バカMr.ブラックです。我が家のサンタクロースは今夜登場。
どうせなら休みの日にプレゼントの反応みたいっすよね。
今回は、チームを戦力外になった選手たちのトライアウトが開催されたのでそのことを。

スポンサーリンク

クリスマス サッカートライアウト2020

クリスマスイブの12月24日、千葉のJFA夢フィールドで、日本プロサッカー選手会が主催する『JPFAトライアウト』が開催された。
トライアウトは、24日と25日の両日開催される。
契約満了となった選手たちが、新天地を手にするためのアピールの場となるこのトライアウト。
元日本代表の選手も参加していて、プロはやっぱり厳しいですね。実力だけでは残れないってことですね。
有名な選手だと元日本代表の本田拓也、オリンピック代表でも潰し屋として活躍していましたよね。いぶし銀のプレイヤーのイメージ。他にも今季大分トリニータで10試合に出場した前田凌佑や、工藤浩平をはじめ、20歳から36歳まで総勢35人が参加しました。

参加選手(初日)

12月24日のトライアウトに参加した選手 ※カッコ内は前所属)
25日にはさらに参加する選手が増えるそうです。

・阿部伸行(長野)
・大野哲煥(栃木)
・伊藤研太(清水)
・森本大貴(マルヤス岡崎)
・阪田章裕(福島)
・藤澤典隆(鹿児島)
・清川流石(愛媛)
・岩沼俊介(長野)
・本田拓也(山形)
・大城佑斗(長野)
・服部康平(松本)
・永島悠史(岐阜)
・松原優吉(富山)
・平出 涼(鹿児島)
・田中奏一(鹿児島)
・清永丈瑠(山口)
・和田 凌(鹿児島)
・西本雅崇(C大阪)
・田中謙吾(松本)
・蔦颯(群馬)
・田中雄大(秋田)
・江川慶城(京都)
・増田繁人(藤枝)
・尾崎瑛一郎(沼津)
・荒井秀賀(栃木)
・鈴木 惇(福岡)
・橋本拓門(福島)
・大原彰輝(おこしやす京都)
・服部航平(京都)
・工藤浩平(千葉)
・伊藤竜司(栃木)
・前澤甲気(沼津)
・前田凌佑(大分)
・松村航希(藤枝)
・田村翔太(熊本)

本田拓也選手

法政大学卒業後、清水エスパルスや鹿島アントラーズなどでも活躍されていましたね。

新型コロナウイルスの影響

トライアウトに参加していない選手でも契約満了、戦力外になった理由は、結果が出せていないということが一番の要因であることは間違いないと思いますが、今年は特に年齢の部分もウエートが高いように思います。
新型コロナウイルスの影響で、変則的なシーズンにもなったし、J1などでは、降格がなかったために、積極的に若手選手を起用できたという背景もあったと思います。
もちろん、若手選手が出てくることは全体的にみると明るい材料だし、日本サッカーのためにはその方がいいので、個人的には良かったと思いますが、そういった背景が、ベテラン選手の引退や、契約満了に繋がっていったのはあるのかなと思っています。
もちろん実力があれば年齢が上がっても起用されるでしょうが、やはり同じもしくは若干劣るぐらいだったら若手選手を起用すると思います。
今回のトライアウトに限らず、ベテラン選手が経験を生かした役割をチームで見出すべく、奮起して欲しいなと思います。

アジア圏で活躍する日本人

Jリーグだけでなく、海外も含めたアジアに移籍するJリーガーも増えてきましたよね。
オーストラリアAリーグに、柏レイソルでブレイクした工藤壮人、コンサドーレ札幌の檀崎竜孔、カタール・スターズリーグには、元日本代表の小林祐希など、あまり知られていないですが、日本人のアジアでの活躍が見られるようになっています。
元サンフレッチェ広島の塩谷司選手がアラブ首長国連邦の、アル・アインFCで2018年に開催されたFIFAクラブワールドカップ2018では4試合にフル出場し、2得点を挙げ、チーム初の準優勝に貢献しましたね。

さいごに

24日、25日のトライアウトを経て、参加した選手たちがどういうキャリアを歩んでいくのかが楽しみではあります。
Jリーグのカテゴリー以外でも、上記しているようにアジアなどでも活躍する選手が多くなってきています。どういったキャリアを望むかは選手1人1人違うのでしょうし、どうあれ納得できる選手生活を送ってほしいですね。

おしまい


コメント

タイトルとURLをコピーしました