スポンサーリンク

【サッカー日本代表】11月18日 メキシコ戦 

スポンサーリンク

みなさんこんにちわ。
左肩に何かがよくないものが乗っていると思っている親バカMr.ブラックです。
2週間ほど肩が思い感じが続いています。

さて今回は、前回のパナマ戦のスタメン予想を大外ししたにもかかわらず、懲りずにスタメン予想をしてみます。

スポンサーリンク

メキシコ代表

メキシコ代表って強いの?

メキシコ代表は強いです。実績という面でも日本代表をはるかに凌ぎます。
直近7大会連続でワールドカップ16強の実績を誇ります。小粒感がある中、毎回ベスト16まで勝ち上がるということは、勝負強さと粘り強さ、何より、メンタルが強いんだと思います。
メキシコは13日の韓国戦に3-2で勝利しています。韓国と日本代表を比較しても韓国のが力は上だと思いますので、その韓国に先制点を許しながらも勝ち切るあたり、これは、かなりの強敵ということがわかりますね。

メキシコ戦

フォーメーション

フォーメーションは、パナマ戦は3バックでしたが、メキシコ戦は4-2-3-1だと思います。
理由としては、メキシコ代表は、13日の韓国戦は、形としては4-3-3でした。
3バッグでパナマ戦も失点0に抑えましたが、メキシコの強力3トップに対して、(ラウール・ヒメネス、イルビング・ロサノ、ヘスス・コロナ)3バックで守り切れるとは思いません。
韓国は5バックだったけど3失点。3-5-2で守りの時は、5-3-1-1みたいなのもありえますが、親善試合でそんなことするならもー未来は暗いですね。
やりなれたフォーメーションでガチンコで勝負して欲しい。
ってことで予想スタメンはこちら。パナマ戦に予想したメンバーに近いですね。

メキシコ戦スタメン予想

GK 権田 修一  (ポルティモネンセ) 

DF 吉田 麻也    (サンプドリア)
   冨安 健洋     (ボローニャ)
   酒井 宏樹     (マルセイユ)
   長友 佑都     (マルセイユ)

MF 柴崎  岳      (レガネス)
   遠藤  航  (シュツットガルト)
   原口 元気     (ハノーバー)
   伊東 純也       (ゲンク)
   南野 拓実     (リバプール)

FW 鈴木 武蔵   (ベールスホット)

展開予想

両チームとも同じようなサッカーに近いかもしれませんが、メキシコは、日本の上位互換のチーム。
ボールを持ちた日本代表だと思いますが、ボールは持てたとしても、横パスが多くなり持たされている展開にはなると思います。ゴールの匂いがあんまりしない感じですね。
サイドからの展開が多くなり、横パスをメキシコに狙われて、ショートカウンターで1発っていうのがよくある展開かもしれませんね。
その逆をしたいっていうのが、日本の、いや森保監督の狙いだと思うので、メンバーには縦に早いメンバーが揃うのかなと。
とにかく、シュートを打って欲しいですね。ミドルシュートが少なすぎる。

勝敗予想

2対1でメキシコ。日本が先制して、逆転負け。
逆に日本が先制されれば、3対0ぐらいになると思います。今の日本代表に先制されて、追いつき、逆転するイメージが湧かない。それぐらい攻撃のカタチがないと思います。

まとめ

パナマ戦は南野のPKで辛くも勝ちましたが、対戦成績から見ると格下相手でしたが、ワクワクするような展開は皆無でした。日本での試合と移動の少ない地域との戦いだと違うんですかね。
パナマが思いのほかよかった。
メキシコ戦はワクワクはいいので、勝つ試合をしてほしい。相手が違いますから。
でも、メキシコに勝つには、ワクワクするような展開がないと勝てない気がしますので、やはりワクワクさせてほしいかな。シュートを打ってくれ日本!!

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました