スポンサーリンク

【goto栃木】龍門の滝:こんな世の中だから滝に行こう!!

スポンサーリンク

みなさんこんにちわ。
冬、朝、寒くて布団から出るのが嫌でおしっこをギリギリまで我慢してしまうのは、私だけではないはずと強く思うMr.ブラックです。

さて今回は、Mr.ブラックのぶらり散歩、栃木『龍門の滝』です。

スポンサーリンク

栃木:龍門の滝

龍門の滝は、栃木県那須烏山市にある滝です。
那須烏山市の郊外にあり、那珂川に注ぐ江川にかかる、高さ約20メートル幅約65メートルの大滝です。無料で見れるのにすごいんです。
滝の中段には、二つの縦穴があり、直径約4メートルの男釜(おがま)、直径約2メートル女釜(めがま)と呼ばれているみたいですが、それは見れてません。

滝の上に烏山線が走っていて、時間がある人は電車が通るのを見るといいと思います。
滝上に電車が走るってなかなか見れないですよ。
龍門の滝には、大蛇が住むという伝説があり、名前の由来にもなっているそうです。
滝を間近で見れる遊歩道があります。子ども連れにはちょっとした罠かと思うぐらいの、アトラクションもちらほら。滝つぼの周辺には砂利、石が堆積していて滝をまじかで感じられます。

これが無料で見れるってすごくないですか?栃木の山奥にあるオススメスポットです!!

龍門ふるさと民芸館

我が家が行ったときはコロナの影響で閉店中でしたが、
龍門の滝に大蛇が棲むという伝説が名称の由来にもなっている。
館内には龍が展示されているほか、周辺の民話や伝説をアニメにて紹介するコーナー、特産品等の販売コーナーなどあり、テラスや展望台から、滝を眺めることもできるみたいです。

今は改修工事中みたいです。2021年3月末ぐらいに工事終了予定みたいです。

アクセス

鉄道:JR東日本烏山線滝駅から徒歩5分みたいですが、近くに駐車場もあるので、自家用車で行ったほうがいいと思います。

龍門ふるさと民芸館
~龍門ふるさと民芸館~ 栃木県観光物産協会がお届けする公式観光サイト「とちぎ旅ネット」。観光スポット、温泉、宿、グルメ、お土産、お祭りなど、旅のスポット情報を探せます。

まとめ

コロナの影響で、どこに行くにも色々なことを気にしないといけないこのごろですが、人が少なく、自然があふれている場所にいくのがオススメですね。
滝は気持ちがいいし、龍門の滝は近くに公園や、滝つぼにもおりられるのは子供連れにはかなりいいと思います。
子どもと一緒に、マイナスイオンを浴びまくっていきましょう~!!

おしまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました